【動画7選】清野菜名さんはなぜアクションが上手い?驚きの身体能力の高さ!

戦い画像
2022年夏公開予定の『キングダム2 遥かなる大地へ』で、清野菜名(せいのなな)さんが『羌瘣(きょうかい)』を務めることが発表されました。 アクション女優といえば、『清野菜名』さんと言われるほどの実力の持ち主です。 この記事では、清野菜名さんがアクションはうまい理由や、すごすぎるアクションシーンの動画を紹介します。
目次
広告

清野菜名さんはなぜアクションが上手い?

清野菜名画像 【出典元:YAHOO!ニュース】 清野菜名さんは、アクション女優として有名ですが、なぜこんなにアクションが上手いのでしょうか。

理由①運動神経抜群!

清野菜名画像 【出典元:清野菜名Instagram物心ついた時から、運動が好きだったという清野菜名さん。 特技は、『アクション、バク転、殺陣、球技、陸上』と運動神経抜群。 中学の時に陸上全国大会出場、高校進学時には、陸上競技での推薦入学を選択することも可能でしたが、芸能の道を選んだそうです。 2019年5月に、自身のInstagramで、バク転などを披露し、『かっこよすぎる!』と話題になっていました。
 
この投稿をInstagramで見る
 

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

 
この投稿をInstagramで見る
 

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

理由②高校時代はアクション部

清野菜名画像 【出典元:清野菜名Instagram】 清野菜名さんは高校時代の3年間、アクション部に所属していました。 上京して間もない頃に、偶然観た映画『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチの姿に衝撃を受け『私もやりたい!』と思ったそうです。 『VERSUS ヴァーサス』の主演俳優としても知られる『坂口拓』さんのアクション養成所に1年間通い、スキルを磨きました。
アクション養成所は、ほぼ男性で、どうしても男性には勝てないって頭ではわかっているんですが、 『どうして女子だからって負けなきゃいけないんだろう』という悔しさから、ひたすら夜の公園でコソ連してましたね。ベンチに缶を置いて、ひたすら後ろ回し蹴りを練習したり。高校生の頃はそんなことをずっとやっていました(笑)」【出典元:ELLE
こういう清野菜名さんの努力が、今の華麗で衝撃的なアクションの演技に、繋がっているのではないでしょうか。

映画『TOKYO TRIBE』からアクション女優に!

清野菜名画像 アクションを身につけた清野菜名さんでしたが、その当時は仕事が全然ありませんでした。 『仕事を辞めようかな』と思っていた時に受けたのが、園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』のオーディション。 結果は不合格でしたが、スタント枠として再度オーディションを受けた、清野菜名さんのアクション演技を見た園監督が「アクションをやっている時の君は輝いている」と、ヒロインに急遽大抜擢! この話題作への出演をきっかけに、清野菜名さんは女優として大活躍していきます。

【動画7選】清野菜名さんの驚きの身体能力の高さ!

清野菜名画像 【出典元:清野菜名Instagram】 清野菜名さんは、スタントなしで華麗なアクションを披露しています。 気になるアクションシーンを作品ごとに見ていきましょう。

キングダム2 遥かなる大地へ

2022年夏公開予定の『キングダム2 遥かなる大地へ』。 清野菜名さんは、『仇を取るため緑穂(りょくすい)と共に何ヶ月も剣捌きの練習をしました』と話していました。 演技もアクションもできる清野菜名さんが、『羌カイ役』を務めるとということで、世間からは『納得の配役』『楽しみ』という声がたくさんあがっています。
 

少女は異世界で戦った

清野菜名画像 2014年9月27日に公開された映画『少女は異世界で戦った』。 2024年、核も銃も存在しないパラレルワールドの近未来の日本を舞台に、剣と生身で死闘を繰り広げるアクション映画で、死闘を繰り広げる少女を演じました。
狭いエレベーターの中で、壁中返りをするシーンもあり、運動神経の良さとすごさに驚きました。

東京無国籍少女

清野菜名画像 【出典元:Cinema Cafe net】 2015年7月25日から公開されていた映画『東京無国籍少女』では、清野菜名さんが血まみれでアクションに挑む衝撃のシーンが話題となりました。

今日から俺は!!

清野菜名画像 【出典元:Cinema Cafe net】 ドラマ・映画共に人気だった『今日から俺は!!』では、セーラー服姿で乱闘に参加し、得意の合気道で戦うシーンもありました。
 

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

清野菜名画像 【出典元:ドワンゴジェイピーnews】 2020年2月から放送されていたドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』で、ダブル主演の横浜流星さんと、スタントなしでアクションシーンに臨んでいました。
メイキングでは横浜流星さんも『すごいよ』と拍手するほどの、華麗な側宙を披露していました。

DIVOC-12

清野菜名画像 【出典元:清野菜名Instagram】 2021年10月公開のオムニバス映画『DIVOC-12』。

アクエリアスCM

清野菜名画像 【出典元:ORICON NEWS】 『アクエリアスクリアウォーター』のTVCMでは、マットに片膝立ちの状態から、前方に一回転して立ち上がる動き、伸身にひねりを加えた前宙、そして抱え込みの前宙という3種類のアクションに挑戦しています。

まとめ

清野菜名さんがアクションが上手い理由や、かっこよすぎるアクションシーンの動画を紹介しました。 元々運動神経が良かったことはもちろんですが、清野菜名さんの努力も感じられました。 これから公開される『キングダム』で、清野菜名さんの活躍が見られることが楽しみですね! 今後も清野菜名さんが演技やアクションなど、様々な分野で活躍されることに期待したいですね。 羌瘣(きょうかい)役は山本千尋が良かった!?理由は経歴と華麗なアクション?
目次
閉じる