【球速155キロ】松田康甫の経歴がすごい!教師をしながらマイナー契約!?

松田康甫画像
プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの茨城アストロプラネッツの松田康甫(まつだこうすけ)投手がロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結びました。 無名の野球選手が米大リーグへ移籍するということで話題となっています。 この記事では、松田康甫投手のすごすぎる経歴や、現在の職業などを紹介していきます!
目次
広告

松田康甫の経歴・球速は155キロ

松田康甫画像 【出典元:Yahoo!ニュース】 松田康甫投手は、1998年10月14日生まれで出身は石川県です。身長は193cm、体重は93kgで右投げ右打ちの選手です。 出身高校は石川県にある金沢高等学校で、高校3年生の夏にエースとして登板し、石川県高校野球春季大会(2016年)と全国高等学校野球選手権石川大会(2016年)ではベスト8という成績を残しています。 大学は拓殖大学で、野球部に所属していましたが、1年生の時に右肩の内視鏡の手術を受けた影響で、思うような結果は出ませんでした。 茨城アストロプラネッツ入団後、2021年の開幕戦でプロ初登板。中継ぎでマウンドに上がり、それまでのMAX球速146km/hを大幅に更新する155km/hを記録しました。 2021年に行われた巨人戦では、三者連続三振をとり、話題となっていました。 その巨人戦の動画がYou Tubeにあったので載せておきます。
【引用元:茨城アストロプラネッツYou Tube】 怪我にも苦しんでいたようですが、それを乗り越え頑張ってきた松田康甫投手の努力はすごいな、と思いました。

松田康甫の経歴は教師?

松田康甫画像 【出典元:日刊スポーツ】 松田康甫投手が教師というのは本当なのでしょうか?
「手術してチームから離れていたので」と、大学時代に取得した教員免許を生かして同年9月から週4日、石川県野々市市内の小学校で非常勤講師として書写と図工を教えている。【引用元:デイリー
松田康甫投手は野球をしながら小学校の先生をしていたようです。 松田康甫投手に教わっていた生徒たちもこのニュースを聞いて喜んでいるでしょうね。

松田康甫がドジャースと契約できた理由は!?

松田康甫画像 【出典元:Yahoo!ニュース】 無名右腕と言われていた松田康甫投手がなぜ、ドジャースと契約できたのでしょう。
球団は米メジャー球団へ松田の動画、リポートなどを送ってPR。昨年6月にドジャースからオファーを受けていた。7月に右肘の手術を受け、NPBのドラフトでは指名されなかったが、将来性を評価したドジャースとのマイナー契約にいたった。【引用元:Yahoo!ニュース
本人の努力があったことはもちろんですが、茨城アストロプラネッツの陣営が、松田康甫投手の実力が伝わるよういろいろと動いたんだろうな、と感じました。

まとめ

松田康甫投手のすごすぎる経歴や、なぜ移籍することができたのか理由などを紹介しました! 小学生の頃から、夢はメジャーリーガーだったという松田康甫投手。メジャー昇格を目指して頑張ってほしいです! これからの活躍に期待したいですね。
目次
閉じる