羌瘣(きょうかい)役は山本千尋が良かった!?理由は経歴と華麗なアクション?

2022年夏公開予定の映画『キングダム2 遥かなる大地へ』で清野菜名さんが、羌瘣(きょうかい)役を務めることが発表されました。 しかし、Twitterなどでは、『山本千尋さんだと思ってた』などの声も多くあがっています。 この記事では、『羌瘣(きょうかい)役は山本千尋さんが良かった』と言われる理由などを紹介していきます。
目次
広告

羌瘣(きょうかい)役は山本千尋が良かった!?

山本千尋画像 【出典元:山本千尋Instagram】 映画『キングダム2』の羌瘣(きょうかい)役が山本千尋さんではなかったことについて、世間からは『残念』という声が多くあがっています。 もちろん清野菜名さんの羌瘣(きょうかい)役を楽しみにしている人もたくさんいます。 しかしその一方で、『清野菜名さんも楽しみだけど・・。山本千尋さんだと思ってた』『山本千尋さんでも良かったのでは?』という声も多いです。 なぜ、このように言われているのでしょうか。

『山本千尋が良かった』と言われる理由は、経歴がすごすぎるから?

山本千尋画像 【出典元:山本千尋Instagram】 『羌瘣(きょうかい)役は山本千尋さんが良かった』と言われる理由を2つ紹介します。

理由①『キングダム実写特別動画での羌瘣のインパクトが強かった』

2016年 キンダム連載10周年記念の際に、キングダム実写特別動画が公開されました。 その剣舞特別映像の中で、山本千尋さんが羌瘣(きょうかい)役を務めていました。 ファンからは、『美しすぎる』『本物の武術家の剣舞は違うな』などと、大絶賛されていました。 この動画の印象が強かったため、『実写化するなら山本千尋さんだろう』、と予想していた人が多かったのではないでしょうか。

理由②幼少期から武術を習い、優秀な成績を残していた

山本千尋画像 【出典元:山本千尋Instagram

山本千尋さんは、3歳の頃から家の近くにあった中国武術の稽古場に通い、小学生になって本格的に競技スポーツである「武術太極拳」を始めました。

・小学6年制の時 第2回世界ジュニア武術選手権大会で 金メダル1枚、銀メダル1枚獲得 ・2010年から2012年にかけてJOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会で長拳、剣術、槍術の3種目で3連覇を果たす ・2012年9月にマカオで開かれた第4回世界ジュニア武術選手権大会では、金メダル1枚、銀メダル2枚を獲得し、2度目の世界一に輝いた
すごい成績を残していますね・・! 羌瘣(きょうかい)役は、アクションだけではなく、羌瘣(きょうかい)特有の舞うような剣術が求められます。 なので、剣術や武術で世界一をとった山本千尋さんの実力を見ると、羌瘣(きょうかい)役に適任だと思う人が多かったのだと思います。

山本千尋の華麗なアクション!【動画】

山本千尋画像 【出典元:山本千尋Instagram】 山本千尋さんは、これまで数々の映画やドラマなどでも、アクションシーンに臨んでいます。 テレビで中国武術を披露した際、『すごすぎる!!』と話題になりました。
とってもかっこいいですね! Instagramでは、久しぶりにしたという槍術の動画をアップしていました。
 
この投稿をInstagramで見る
 

山本 千尋(@chihirooyamamotoo)がシェアした投稿

本当にすごいとしか言いようがないぐらい、素晴らしいですね。 真似したくてもできない、山本千尋さんだからできる技ではないでしょうか。

まとめ

今回は、『羌瘣(きょうかい)役は山本千尋さんが良かった』と言われる理由や、経歴、アクション動画について紹介しました。 山本千尋さんの武術は、本当に素晴らしいものなので、今後もっとたくさんの場面で活躍してほしい、と思いました。 追記:山本千尋さんが 『キングダム2』の羌象<きょうしょう>役を務めることが発表されました!(2022年4月14日) とっても嬉しく、『キングダム2』の公開がさらに楽しみになりましたね! 【動画7選】清野菜名さんはなぜアクションが上手い?驚きの身体能力の高さ!
目次
閉じる