【顔画像】村生ミオの死因は癌?何の病気だった?年齢や経歴も紹介!

本画像

漫画家の村生(むらお)ミオさんがお亡くなりになりました。

Twitterなどでは村生ミオさんの死去に悲しみや驚きの声があがっています。

この記事では村生ミオさんの死因や病名、これまでの経歴などを紹介します。

目次
広告

【顔画像】村生ミオの死因は?年齢や経歴も紹介!

漫画家の村生ミオさん、本名は村井 幹生(むらい みきお)さん。

徳島県出身、生年月日は1952年4月28日。

年齢は69歳でした。

これまでの経歴や主な作品を紹介します。

・1972年 『かっぱラブラブ大作戦』でデビュー

・1974年 『ふたごバンザイ』で第7回手塚賞佳作受賞

・1982年 『胸さわぎの放課後』が実写化映画・フジテレビでドラマ化

・『結婚ゲーム』や『SとM』がドラマ化

・『微熱MY LOVE』『サークルゲーム』が実写映画化

村生ミオさんの顔画像はこちらです。

【顔画像】村生ミオの死因は癌?何の病気だった?

村生ミオさんの訃報は、週刊実話に載っていました。

2022年4月16日にお亡くなりになっていたことが分かっています。

しかし死因などは判明しておらず、亡くなってから数日経ってからSNSなどで知った人も多く、疑問の声があがっています。

関係者によると村生ミオさんは、3年程前から闘病をしながら仕事を続けていたということです。

【出典元:朝日新聞

調べてみると癌で亡くなったという情報がありました。

生前は病気だったことも世間に公表しておらず、何の癌だったのかは今の所分かっていません。

しかし病気になりながらも、新連載の漫画を20話近く書き溜めており、来週号から掲載されていくようです。

漫画に対する熱意を感じると共に、連載されるのが楽しみですね。

死因などもこれから公表されていくのではないかと思いますので、新しい情報が入り次第、追記していきます。

まとめ

村生ミオさんの死因やこれまでの経歴などをまとめました。

3年ほど前から闘病を続けながら仕事をしていたようで、がんだったと考えられます。

お亡くなりになったことは残念ですが、新作を読めるのは楽しみですね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

目次
閉じる