【顔画像】桜庭里菜には余罪がある?FacebookやTwitter・実家の青森県の住所を特定!

女性画像

2022年1月、東京都江戸川区kで25歳の男性が殺害された事件。

東京地検は5月13日に元交際相手の女性(19)を殺人罪の罪で起訴しました。

そして女性の氏名を公表。

都内の事件で『特定少年』の氏名の公表は初めてとなり、注目が集まっています。

この記事では、特定少年の桜庭里菜(さくらばりな)被告について詳しく紹介します。

目次

【特定少年】桜庭里奈

事件は2022年1月。

江戸区のアパートに住んでいた佐藤優作さん(25)を、桜庭里菜被告が包丁で刺し殺害。

2人は交際していた時期があり、佐藤優作さんは桜庭里菜被告の元彼だということです。

4月に施行された改正少年法で、18歳と19歳は『特定少年』と位置づけられ、起訴後は実名報道が可能となりました。

特定少年とは

改正少年法では、新たに成人となった18歳と19歳を『特定少年』と位置づけ、家庭裁判所から検察に送り返す「逆送」という手続きの対象事件が拡大され、一定の重さの罪を犯した場合は原則として大人と同じ裁判を受けることになります。

【出典元:知っトク東北

その為、19歳の桜庭里菜被告の氏名も公表されました。

世間の声を見てみましょう。

特定少年などと変な名称付けるからいけない
少年法も15才までにして、16才からは大人と
同じ扱いでいい、悪事をして若いから、とか
更生の余地があるとか関係ないと思う
被害者が居る場合少年だからでは納得できな

【出典元:YAHOO!コメント欄】

被害者は未成年でも実名が公表されるのに、加害者は未成年でも実名が公表されないのはおかしくないかな

【出典元:YAHOO!コメント欄】

成人は実名報道で問題無し。
少年法も改正し、実名報道でも良いと感じています。

【出典元:YAHOO!コメント欄】

 

【顔画像】桜庭里菜のFacebookやTwitterを特定!

桜庭里菜被告の顔画像はこちら。

桜庭画像

  • Twitterはこちら。

2021年2月24日に投稿している画像とニュースなどで公開されている桜庭里菜被告の顔が一致していることから、本人のTwitterだと考えられます。

桜庭画像

(https://)twitter.com/7027_rina/status/1364551729631490048

Instagram画像

【出典元:Instagram

  • TwitterにInstagramのURLも掲載されていますが、非公開となっています。

Facebookのアカウントは明らかになっていません。

【顔画像】桜庭里菜の実家の青森県の住所を特定!

桜庭里菜被告は、青森県横内の出身だということです。

帰省したというツイートがあることから、実家は今も青森県で、桜庭里菜被告は上京し東京で暮らしていたということが分かります。

19歳なって1週間も経ってないけど
色んな経験をしてるー
あと数時間後に青森帰省ー
早く会いたい人が沢山ー

【出典元:桜庭里奈Twitter】

【特定少年】桜庭里菜には余罪がある?

また桜庭里菜被告には余罪があることを、Twitterでリークしている人がいました。

桜庭里菜被告が薬をやっていたことを、被害者である佐藤優作さんがLINEで証言していたということです・・。

桜庭里菜被告についてリークしている人物は、佐藤優作さんの知り合いのようで、様々な情報を投稿しています。

まとめ

特定少年として都内で初めて実名が公表された桜庭里菜(さくらばりな)被告についてまとめました。

Twitterやインスタが特定されており、実家の住所は青森県横内だということです。

被害者の佐藤優作さんの知り合いが、桜庭里菜被告の余罪などについてTwitterでリークしています。

また新しいことが分かり次第、追記します。

目次