鋼の錬金術師の実写化はキャストがひどい!?原作ファンからの評価は?

映画画像

実写映画『鋼の錬金術師』の続編が公開されることが発表されました。 前作からのキャストである主演の山田涼介さんや、新キャストである新田真剣佑さんや舘ひろしさんなどが参加します。 しかしこの豪華キャストに、世間からは様々な声があがっているようです。 この記事では、原作ファンや山田涼介さんのファンなどの口コミや評価、なぜそのように言われているのかをまとめました。

目次
広告

鋼の錬金術師の実写化!

山田画像 【出典元:YAHOO!ニュース】 2001年から『月刊少年ガンガン』で連載され、全世界シリーズ累計発行部数8000万部を記録した漫画『鋼の錬金術師』。 2017年に実写映画『鋼の錬金術師』が公開され、興行収入は約12億円。 今回は、原作の連載開始から20周年記念として、実写化映画の続編が発表されました。 2022年5月20日に前編『復讐者スカー』、2022年6月24日に後編「最後の錬成」が公開予定となっています。 この実写化映画は、20周年プロジェクトのうちの1つなので、まだまだこらからファンを楽しませてくれる情報も発表されるのではないでしょうか? 大人気漫画の実写化を喜ぶj人も多いのではないかと思ったのですが・・。 口コミを見てみると様々な意見がありました。

鋼の錬金術師の実写化はキャストがひどい!?原作ファンからの評価は?

山田涼介画像 【出典元:鋼の錬金術師】 原作ファンと山田涼介さんファン(ジャニオタ)にわけて口コミを見ていきましょう。

原作ファンの口コミ・評価

原作ファンの人たちは、楽しみにしている人もいれば、実写化することに対して否定的な意見もありました。 2017年に公開された実写化も、原作ファンからの評価はあまりよくなかったようです。 その為『なぜまた実写化?』などという声があがっているようです・・。

山田涼介ファンの評価・口コミ

山田涼介さんが映画に出演すること、ファンとしてはとても嬉しいことです。 しかし、2017年に実写化された時にもキャストについてや演技について、誹謗中傷を浴びたようです。 その為、山田涼介さんのファンたちは『なぜあんなに叩かれたのにまた実写化で続編をするのか』『もう叩かれている山田涼介さんを見たくない』と思っているようです。 続編にまた主演として出れること、すごいし嬉しいことのはずなのに、これでは素直に喜ぶことができないですよね・・。 原作が好きな人からすると、実写化に対して思うことはいろいろあるかもしれませんが、山田涼介さんやキャストに対する誹謗中傷はしないようにしたいですね。

鋼の錬金術師の実写化の評価が悪い理由は?

arata画像 【出典元:鋼の錬金術師】 もちろん原作ファンの人たちが全員、不満を持っているわけではありません。 楽しみにしている人もたくさんいます! ではなぜ、実写化はしないほうがいいと思っている人がいるのか。 理由は『実写映画は失敗するから』。

しかし2017年に公開された実写版『鋼の錬金術師』は興行収入約12億円を記録しています。 興行収入が10億円以下だと『大コケ』と言われる映画の世界。 様々な評価がありましたが、お金のことだけでいうと黒字だったようです。

まとめ

鋼の錬金術師の実写版映画の口コミや評価をまとめました。 楽しみにしている人も多いですが、原作ファン・山田涼介さんファン共に『実写化はちょっと・・』と思っている人もいるようでした。 しかしキャストに対する誹謗中傷はよくないですよね。 いろんな思いがあるとは思いますが、映画を楽しみにしている人もたくさんいるので、公開をわくわくしながら待ちたいですね!!

【画像】舘ひろしがキングブラッドレイ大総統!鋼の錬金術師の実写化口コミ!

目次
閉じる