【画像】切りつけ事件のあった三重県名張市の中学はどこ?名前や動機は?

警察画像
2022年2月16日、三重県名張市の中学校で事件がありました。 中学2年の男子生徒が包丁で切り付けられ、軽傷を負っています。 切り付けたとされている男子生徒が逃走中です。 この記事では、この事件があったのはどこの中学校なのか、切りつけたとされている男子生徒の名前や動機を調査していきます。
目次
広告

切りつけ事件のあった三重県名張市の中学はどこ?

三重画像 【出典元:北中学校ホームページ】 事件があった中学校は『名張立北中学校』ではないかと考えられます。 名割市立北中学校に警察やテレビカメラが来ているという目撃情報もありました。

名割市立北中学校の住所は『三重県名張市美旗中村2380番地』です。

切りつけたとみられている男子生徒は逃走中みたいなので、近所の方はお気をつけ下さい。 

切りつけ事件のあった三重県名張市の中学の男子生徒の名前は?

警察画像 切りつけたとみられている男子生徒の名前はまだ分かっていません。 分かり次第、追記していきます。

切りつけ事件のあった三重県名張市の中学の男子生徒の動機は?

パトカー画像 動機もまだ分かっていません。 分かり次第、追記します。

世間の声

加害者、被害者両方に何かしらの理由があるわけで、加害者への罰はもちろんですが同じことが起こらないようにその理由と経緯をしっかり学校側が学ぶべきだと思います。 また、そこに家庭も含めてしっかりと話すことができれば良いのですが、親が学校に等任せきりにならず社会全体で受け止めるべき内容でしょうね。 私も親ですが、今日 子供が学校で何があって、何が楽しくて、悲しくて、怒って1つずつゆっくり聞いてあげられればと思いますし、そういったゆとりが持てる社会になれば良いですね。共働きの忙しい社会ですから。【出典元:YAHOO!ニュースコメント欄
 
被害者と加害者の普段の関係がはっきりしないと何故包丁まで学校持参して事件起こしたのかが分かりませんよね。被害者を傷つけが目的でなく、居なくなって欲しい死んで欲しいと思ってなら心の闇も深いし、思いつめられなのか加害少年から聞かないと分からないですから。 ただ最近未成年によるナイフや包丁での事件多くなり、防ぐ事、防御出来る事が中々難しさを感じます。 【出典元:YAHOO!ニュースコメント欄

まとめ

包丁で切りつけるなどは絶対にしてはいけないことです。 しかし、何か原因が分かっていないのに、被害者がいじめをしていたから切りつけられたのではないか、など誹謗中傷する人もいるでしょう。 原因や動機が分かるまでは、勝手な憶測などをしないように、原因が分かっても誹謗中傷しないようにしたいですね。    
目次
閉じる