【特定】顔面骨折:昭和区の小学校はどこ?滝川小学校はなぜ救急車を呼ばなかった?名古屋

学校画像

名古屋市昭和区の小学校で、5年生の男子児童が顔面を骨折する大怪我をしました。

しかし学校は救急車を呼ぶなどの対応はせず、学校に駆けつけた母親が救急車を呼んだということで、非難の声があがっています。

この記事で詳しくまとめました。

目次

【特定】顔面骨折:名古屋市昭和区の小学校はどこ?

学校画像

【出典元:Yahoo!ニュース

7月5日午後1時過ぎ、名古屋市昭和区にある小学校で、5年生の男子児童が顔面骨折の大怪我をしました。

・男子児童は友達をおんぶして遊んでいた所、つまづいて転倒

・保健室に行くと男子児童は、目がぼやける・焦点が合わない・嘔吐

・しかし学校は救急車を呼ぶなどの対応をしなかった

・母親が迎えに行くと、男子児童の顔が真っ青だったので母親が救急車を呼ぶ

病院に搬送されましたが、顔面骨折の危険な状態だった為、他の病院で目に約3センチのプレートを2枚重ねて入れる緊急手術を受けました。

  • 現在も入院中で、物が二重に見える状態が続いているということです。

世間の声を見てみましょう。

児童は目がぼやけていて嘔吐もしていたとのことで、命にかかわった可能性もあります。母親が駆けつけたとのことですが、すぐに救急車を呼ぶべきだったでしょう。先日も熱中症で倒れたのに救急車を呼ばず学生が命を落とした件がありましたが、学校現場において子どもの命を守る意識をもっと上げるべきと思います。

【出典元:Yahoo!ニュースコメント欄】

小教員ですが、この事案が、報道通りだとするならば、学校側の判断ミスとしか言えない事案だと思います。 首から上の怪我は即保護者へ連絡、吐き気などを伴う場合は即救急車、と今まで勤めた現場では共通理解していましたし、実際にそのように対応もしてきました。 躊躇せず、空振りを恐れず、通報するというのは今後、学校の安全管理上、必要な対応になってくるでしょう。消防の方とも話したことがありますが、学校での空振りは気にしなくて良いとはっきり言われました。 本件に関して、詳細な状況が分かれば良いのですが。事案をしっかり調査して今後に生かすしかないと思います。 何より、この子が元気に回復することを願っています。

【出典元:Yahoo!ニュースコメント欄】

学校やクラブチーム内での怪我は、救急車を呼ぶとおおごとになり聞き取り調査や報告書などもあって大変だから、なるべく身内で解決できるよう、教員や保護者が運ぶようにしていると聞いたことがあります。 大した怪我でなければ良いのかもしれないけど、今回のような状況だと本当に怖いし危険だと思います。 実際クラブチームに所属していたときは救急車を呼ばれた事はなく、骨折や縫合手術が必要な場合でと保護者到着まで待たせたり、手の空いている保護者が車で運んでいました。 もっと負傷者の体を気遣うべきです。

【出典元:Yahoo!ニュースコメント欄】

【特定】顔面骨折:昭和区の小学校は滝川小学校

学校画像

【出典元:Yahoo!ニュース

救急車を呼ばなかった名古屋市昭和区にある小学校とは、一体どこなのでしょうか。

調べてみると、ニュースで報道された学校と『滝川小学校』の外観が一致してました。

学校画像

  • 住所は、〒466-0826 愛知県名古屋市昭和区滝川町131

Twitterでも『滝川小学校』の名前があがっています。

これらのことから、名古屋市昭和区の小学校は『滝川小学校』ではないかと考えられます。

ではなぜ、滝川小学校は救急車を呼ばなかったのでしょうか・・。

顔面骨折:滝川小学校はなぜ救急車を呼ばなかった?

救急車を呼ばなかった理由は

校長の許可がとれなかったからではないか』という声があがっています。

  • 文部科学省が掲示してる『危機管理マニュアル作成の手引き』がこちら。

マニュアル画像

【出典元:文部科学省

発見者は、通報することができるマニュアルになっています。

しかし今回の場合は、

発見者である生徒が保健室にいる養護教諭に報告しています。

マニュアル通りにするとすれば、養護教諭が校長に報告し、校長が通報する流れになります。

児童が顔面を怪我した時に、校長が通報しなかったのか、それとも校長が不在だったのか・・。

校長の許可がないと救急車が呼べないという学校のシステムは問題ですね。養護教諭が救急車が必要だと判断するような状態の児童が目の前にいるのに、いちいち校長に報告して状況を説明した上で許可をもらうという手続きに消費される時間のロスは大きいですから。

【出典元:Twitter】

学校のルールもわかるけど、子供を預けてる親からしたら、緊急を擁する時に呼ばないことで大惨事になることもあるので、臨機応変に対応できるように変わって欲しいです

【出典元:Twitter】

全ての学校が『校長の許可がないと救急車が呼べない』という決まりではないようです。

小学校にもよるのかな? 子どもたちの通っていた小学校では、保健室の先生が速攻で救急車を呼んでいました。 (役員をやって小学校にいたのでたまたま現場を見かけました) 痛かっただろうな

お子さんのお顔、綺麗に治りますように!

【出典元:Twitter】

滝川小学校の校長の名前は『山田修司』さん。

学校画像

詳しい情報は分かり次第、追記します。

追記:養護教諭が救急車を呼ばなかったと、怪我をした男子児童が話していることが分かりました。

「保健室の先生が僕にちょっときつい言い方で『目をぶったのになんで吐くの?』って言った」

 男子児童は転んで目のあたりを強打し、保健室の養護教諭にものが二重に見えることを訴え、嘔吐もしましたが、「目をぶつけたのになんで吐くのか」などと言われて、救急車を呼んでもらえなかったということです。

【出典元:Yahoo!ニュース

これが本当なら驚きですよね・・。

吐いた=頭に影響があるかもなど思わなかったのでしょうか。

もしかすると、養護教諭から校長に救急車を呼ぶかなどの相談もしていなかった可能性もありますね・・。

新しいことが分かり次第、追記します。

まとめ

男子児童が顔面骨折をしたにも関わらず、救急車を呼ばなかった名古屋市昭和区の小学校についてまとめました。

Twitterなどでも滝川小学校の名前があがっており、報道されている学校の外観とも一致していることから、滝川小学校で間違いないでしょう。

新しいことが分かり次第、追記します。

目次