藤井直伸の過去の怪我や病気まとめ。目の不調はスキルス胃がんが原因?

医者画像

バレーボール、東レアローズ所属の藤井直伸(ふじいなおのぶ)選手。 2021年には東京オリンピック日本代表メンバーにも選出されました! この記事では、藤井直伸選手の過去の怪我の状況や原因などをまとめました。

目次
広告

バレーボール藤井直伸選手!

藤井画像 【出典元:YAHOO!ニュース】 藤井直伸選手は、中学校からバレーボールを始めました。 高校では国体の宮城県代表に選抜、長が高いことから『自分が決めた方が早い』とアタックをバンバン撃つ攻撃的なセッターだったようです。 順天堂大学に進学、その後V・プレミアリーグの東レアローズに所属しています。 そんな藤井直伸選手のファンはたくさんいます!

そんな藤井直伸選手、これまでに大きな怪我をしたことはあったのでしょうか。

藤井直伸の過去の怪我は?

藤井画像 【出典元:バレーボールマガジン】 2019年2月10日、JTサンダーズとの試合で左手中指骨折の怪我をしました。

第1セット10−13で、ネット側のプレーで、藤井が床に落ちるボールを必死に触りにいった。その一連のプレーで中指を痛め、そのまま酒井と交代した。試合後、勝利に喜ぶ選手たちの輪に藤井も混じったが、既に左腕が簡易ギプスで固定されていた。 【出典元:バレーボールマガジン

2月14日に手術を終えて退院、リハビリに励んでいました。 その後、2019年5月1日に『約3ヶ月ぶりにコートに戻ってくることが出来ました!』と自身のInstagramで復帰を報告しています。 怪我を乗り越え、2021年にはオリンピックに出て活躍した藤井直伸選手は、これまで計り知れない努力をしたんだろうな、と感じました。

藤井直伸の病気は目の不調はスキルス胃がんが原因?

藤井画像 【出典元:YAHOO!ニュース】 藤井直伸選手が、胃がんのステージ4であることを自身のInstagramで報告しました。

藤井は昨年末の試合から目に不調を感じ、検査入院した結果、胃がんが発見されたと報告。 また、「目の症状は胃癌が脳の方にも転移していることが影響しているみたいです。転移は複数ある可能性があるとのことです」と説明した。 現在は、放射線治療が終了し、28日から抗がん剤の治療に入る予定だという。

また目の不調は、胃がんが脳にも転移したことが原因だということです。 目の検査の為に病院に行ったのに、癌と宣告されるなんて思ってもみないですよね・・。 藤井直伸選手は『スキルス胃がんではないか』と言われています。

では、スキルス胃がんとはどのようなものなのでしょうか。

藤井直伸がなったスキルス胃がんとは?

藤井画像 【出典元:バレーボールマガジン】 スキルス胃がんについてまとめました。

・胃がんの約10%に発生すると言われている ・胃壁の内部を這うように病巣が広がっていく ・スキルス胃がんは発見がしにくく、発見された時には既に進行していることがほとんど ・増殖が早く早期発見も難しく、発見された時には60%以上の患者に転移が見られる ・スキルス胃がんの原因ははっきりとわかっていない
胃がんの中でもスキルス胃がんは、いまだに早期発見が困難で増殖浸潤が速いため、治療成績が著しく悪い難治がんと言われています。つまり、スキルス胃がんを発症した場合に根治的な治療を受けることが極めて困難である場合が多いのです。 また、スキルス胃がんは比較的若年齢(20歳代)でも発症することがしばしばあります。子供がまだ小さくて、まだまだ元気に生き続けなければいけない方々(死を受け入れがたい方々)がスキルス胃がんでお亡くなりになることがあり、我々医療従事者はスキルス胃がんに対する有効な対処法を一刻も早く確立することの必要性を日々痛感しています。 【出典元:D.CLINIC

とても受け入れ難いことばかり書いてありますが、藤井直伸選手は諦めず『必ず元気になる』と投稿していました。 またコートで元気な姿を見れることを祈ってます・・! そしてスキルス胃がんの予防としては、一般の胃がんと同じように、ピロリ菌の除去、定期的に胃の内視鏡検査を受ける、暴飲暴食・飲酒の量・塩分の摂り過ぎに気を付けるなどが大切だとされています。

まとめ

藤井直伸選手のこれまでの怪我や病気についてまとめました。 2019年には左手中指の骨折をして3ヶ月後に復活して大活躍。 今回の胃がん・ステージ4も私たちが想像できないぐらい、これから大変な治療になると思います・・。 またコートで、元気にプレイしている姿を見れることを信じて、祈っています。 藤井直伸のピアスは何個?いつ開けた?バレー選手はつけている人が多い!?

目次
閉じる