【動画】山手線で財布落とした乗客(人)は誰?顔画像・TikTok特定!?駅員激高

電車画像

JR山手線で線路内に財布を落とした乗客と駅員が、口論する動画がTwitterなどで拡散されています。

一体何があったのでしょうか。

この記事では、非常停止ボタンを押し電車を止めた男とは一体誰なのか、詳しくまとめました。

目次

【動画】山手線で財布落とした乗客(人)は誰?駅員激高

2022年7月5日、Twitterに駅員が激高している動画が投稿されました。

動画では財布を落とした乗客が駅員に、4万円が入った財布を取ってほしいと訴えています。

しかし駅員は『なんなんだその態度は!』

『お願いしてる態度か!山手線停めてんだぞ!』

とブチ切れ。

動画を見た人たちからは、様々な声があがっています。

「しょうがないじゃないすか。財布落ちちゃったんだから!」 「いいから早く(財布)取ってくださいよ!」 これは多分電車止めるのがどんだけ大変な事か分かってないんだろうな。 駅員は粛々とって意見も分からんでもないけど、人間やからね。

【出典元:Twitter】

動画撮る前にどんな態度をしていたかだね。 駅員よりも財布が心配なのに動画撮影できる精神が怖いわ。 山手線なんて5分に1回電車が来るイメージだから、緊急停止ボタンなんか押したらダイヤ乱れまくるでしょ。

【出典元:Twitter】

駅員がブチギレ 山手線 私ならガチギレしてる 確かに財布を落としたのは悪い しかし故意じゃないのに今日帰れねえから!とか脅迫されたら完全にキレる 撮影者が温厚すぎて駅員が調子に乗ってる 弁護士に相談して駅員とバトルした方がいいレベルだわ こんな駅員を働かせるなよJR

【出典元:Twitter】

動画を撮影した落とし主は鉄道会社の非を公に晒す目的なのだろうが、これは線路に物を落とした方が100%悪い。 その上、線路に降りて取りに行こうとしたのを止められて非常停止ボタンを押して山手線を止めたのだから駅員さんが激昂するのは当然。 JRはこの駅員さんを咎める事のないように願います。

【出典元:Twitter】

この時の様子を実際に見ていたという人が、ツイッターやヤフコメ欄に投稿しています。

コメント画像

動画だけを見ると、駅員の言葉遣いが・・と思ってしまいますが

  • 実際は何度も注意したにも関わらず、乗客が線路に降りようとすることを辞めなかった
  • 命を守る為に、駅員は強い口調で制止しようとしていた
  • 先に乗客が駅員を侮辱していた

ということが分かります。

山手線で財布落とした乗客(人)は誰?顔画像・TikTok特定!?駅員激高

男画像

財布を落とし、緊急停止ボタンを押し、動画を投稿した人はどのような人なのでしょうか。

分かっている情報は

・男性

・未成年

・TikTokのアカウントは削除済み

ということです。

削除されたTikTokのアカウント名は『@user98x59pabap』

0060 風吹けば名無し 2022/07/06 08:42:36
あーあ。特定されたらまだ学生なのに就職も出来なくて人生詰んじゃうねぇ
【出典元:5ちゃんねる】

これらの情報しかないことから、顔画像や名前などの特定には至っておりません。

しかしネット上では特定しようという動きがあり、徐々に素性が明らかになってくるのではないでしょうか。

また電車を止めたことから、賠償金を請求されるのではないかという声も。

0010 風吹けば名無し 2022/07/06 08:16:22
4万円のために数百万払う漢
0012 風吹けば名無し 2022/07/06 08:17:00
>>10
数百で済むやろか

【出典元:5ちゃんねる】

Twitter画像
数千万〜数億円になるのではないかという声も。
こんなことになるなんて思っていなかったでしょうね・・。

追記:財布を落とした乗客と思われるTwitterアカウントが掲示板などで話題となっています。

掲示板画像
ツイッターの投稿がこちら。
Twitter画像 Twitter画像 Twitter画像 Twitter画像
  • 財布を落とした乗客は怒鳴っていないと擁護。
  • ツイート主はその現場にいたから、駅員を擁護しているコメントなどはデマだと話しています。

また財布を落とした乗客のことを『会社員』と断定していることから、『本人ではないか』と言われているようです。

Twitter画像
本人のアカウントなのでしょうか。
この必死で上から目線の感じが気になりますね・・。

まとめ

山手線で財布を落とし、緊急停止ボタンを押した乗客についてまとめました。

動画では駅員がブチ切れしており、それに対する非難の声も上がっていました。

しかし駅員が何度も止めたにも関わらず、乗客が危険な行為を続けた後のやりとりだったことが判明しています。

乗客については情報が入り次第、追記します。

目次