ワリエワが飲んでいたのは体型変化を抑える薬!?驚きの効果とは?

カミラ・ワレリエヴナ・ワリエワさんはロシアのスケート選手です。 2022年北京オリンピックにROC女子代表として出場していますが、ドーピング疑惑があり、世間から注目されています。 ワリエワ選手が飲んでいた薬は、狭心症や心筋梗塞の人が飲む薬だと言われていますが『本当は体型変化を抑える為に飲んでいたのではないか』などの疑惑もあがっています。 この記事では、ワリエワ選手はなぜ体型変化を気にしているのか、飲んでいたと言わている薬にはどのような効果があるのか、などを調査します。
目次
広告

ワリエワ選手のドーピング疑惑

ワリエワ画像 【出典元:ワリエワInstagram】 ワリエワ選手は3歳の時にスケートを始め、2017年の11歳の時には『ロシアノービス選手権年少』で優勝。 2019年にジュニアグランプリファイナルで優、2020年には世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝するなど優秀な成績を残しています。 そんなワリエワ選手にドーピング疑惑が浮上しています。 ワリエワ選手は、2021年12月の大会の検査で、禁止薬物に陽性反応を示し、2022年2月8日に結果が判明。 暫定資格停止処分になりましたが、異議申し立てを受け、RUSADAの規律委員会が2月9日に処分を解除しています。 これに対し、世間では様々な声があがっています。 では、ワリエワ選手が飲んでいた薬とは一体どのようなものだったのでしょうか。

ワリエワ選手が飲んでいた薬の効果は?

ワリエワ画像 【出典元:ワリエワInstagram】 ワリエワ選手が陽性反応が出た時に検出された薬は『トリメタジシン』というものです。
血管を広げて血流をよくしたり、血管の中で血液が固まるのを防ぐ作用があります。
主に、狭心症や心筋梗塞の予防に用いる薬です。
【出典元:おくすり110番
他にも持久力向上が期待できる為、禁止薬物となっています。
その為、北京オリンピック女子のフィギュアスケート個人戦に出場できるか協議されていましたが、その後出場することが認められました
CASのリーブ事務局長はビデオメッセージで裁定理由について「まずこのアスリートは16歳未満であり、まだ規定の下では要保護の人物。また昨年12月に行われた検査で、アスリートを出場禁止にすると言うことは、この選手に対して、害をもたらすと判断した」と説明した。
【出典元:YAHOO!ニュース
一部では何も知らないワリエワ選手が、周囲の大人に言われるがまま禁止薬物を使用したとも指摘されています。
まだ15歳と中学生の年なので、ワリエワ選手が飲んでいい薬なのか、そうでない薬なのか自身で判断することは難しかったかもしれません。
しかし、この『トリネタシジン』という薬には、持久力向上や狭心症予防だけでなく、『他にも驚きの効果があるのではないか』と言われています。

ワリエワが飲んでいたのは体型変化を抑える薬!?驚きの効果とは?

ワリエワ画像
【出典元:ワリエワInstagram
ワリトワ選手が飲んでいたと見られる『トリメタシジン』いは3つの効果があると言われています。

効果①スタミナ抑揚

ワリエワ画像
【出典元:ワリエワInstagram
『トリメタジシン』はスタミナ抑揚の為に飲む薬だと言われています。
トリメタジジンは、血行を促進して長時間の運動が可能になる禁止薬物。 A氏は「瞬発力が優れていてもスタミナがない選手がこの種の薬物を飲むケースはたくさん存在します。 いわゆる独裁国家では国威発揚のために五輪をやっている。 選手やコーチは常に〝構造的プレッシャー〟をかけられていて、我々の感覚では考えられない世界なんですよ」と声をひそめた。 【出典元:東スポWeb
ワリエワ選手は『激しい演技の後に息が切れていなかったから、薬の効果だったのかな』と言っている人もいました。

効果②副作用の心筋症を抑える

ワリエワ画像
【出典元:ワリエワInstagram
  アナボリックステロイド(筋肉増強剤)の副作用として起こる心筋症を抑えるために、トリメタジシンを飲んでいたのではないかと言われています。 他にも、命がけで肉体強化をするため・・など様々な効果があげられています。 これが本当かどうか定かではありませんが、事実だとしたら恐ろしいことですよね・・。

効果③体型変化の抑制

ワリエワ画像 ワリエワ選手は、これまでに大きく体型が変化しています。 2020年3月フィギュアスケート世界ジュニア女子に出場した時の身長は、149cm。 現在は160cmで、2年足らずで身長が11cmも伸びていることになります。 身長が伸びたり、体型が変化することは競技にどのような影響を与えるのでしょうか。 ワリエワ画像 【出典元:THE ANSWER】 2018年平昌オリンピックで金メダルを獲得したロシアの『アリーナ・ザギトワ』選手。 金メダル獲得後のグランプリ(GP)シリーズでは2連勝をしましたが、ロシア選手権では5位と、どんどん成績が落ちていきました。 その理由として、1年足らずで身長が7センチ以上も伸び、体のバランスが変わってしまったことがあげられています。 なので、急成長しているワリエワ選手も『競技に支障が出ないようにする為に、身長や体型の変化を抑えたかったのではないか』と言われています。

まとめ

ワリエワ選手が飲んでいたとされる薬『トリメタシジン』の効果などを紹介しました。 ドーピングは決してしてはいけないことですが、伸び続ける身長に悩んだり、ドーピング疑惑が出てしまったことで大変な思いをしているのではないかと考えられます。 本人が知らずに薬を飲んでいた可能性もあります。 ワリエワ選手が今後も選手生活を続けられるよう、応援し見守っていきたいと思います。 トゥルソワの体型変化の画像まとめ!4年間で驚くほど急成長していた! 【顔画像】坂本花織の祖父はお金持ち?父は公務員で姉は先生をしている? 【画像比較】坂本花織が似ている芸能人は7人!朝ドラ女優や宝塚も? 樋口新葉のかわいい画像21選!珍しいデニム姿やプライベートも!
目次
閉じる