大塚健の出身中学や高校はどこ?驚きのクラスメイトとは?【画像】

スノーボード画像

大塚健さんは、プロスノーボード選手です。 2022年北京オリンピックでは、男子スノーボードスロープスタイルとビッグエアに出場し、注目を集めています。 大塚健選手は、どこの中学校や高校に通っていたのでしょうか。 同じ高校のクラスメイトに、有名なあの人もいたとか・・? この記事で詳しく紹介していきます。

目次
広告

プロスノーボーダー大塚健【画像】

大塚健画像 【出典元:大塚健Instagram】 大塚健選手は、小学校1年生の時に父親とスノーボードを始めたことがきっかけで、そこから本格的に練習するようになりました。 小学校6年生の時に、プロ資格を取得しています。 大塚健選手は2018年に『X Game史上最年少メダリスト』になるなど素晴らしい成績を残しています・

・2018年 『ワールドルーキーツアー』のスロープスタイルルーキー部門で優勝。 ・2018年『X Gameノルウェイ大会』ビッグエア部門で優勝。 ・2019年『X Gamesアルペン大会』スノーボードビッグエア部門で、2大会連続優勝 ・2022年『北京オリンピック』スノーボードスロープスタイル10位

2019年5月に十字靭帯と半月板の怪我をした大塚健選手。 1年間のリハビリを終え、2021年『FISワールドカップ』ビッグエア部門で4位入賞。 怪我を乗り越え、さらに強くなって結果を残している大塚健選手がかっこいいですね・・! そんな大塚健選手に世間からも注目が集まっています。

大塚健の出身小学校はどこ?

大塚健画像 【出典元:大塚健Instagram】 大塚健選手は、神奈川県厚木市出身です。 小学校は『飯山小学校』に通っていました。 小学1年生の時に行った家族旅行で、初めてスノーボードをした時に『すぐにジャンプや技ができるようになる』と魅力を感じ、熱心に取り組むようになったようです。 『すぐにできるようになる』という言葉に驚きました! この時から身体能力が高かったようですね・・! 小学3年生の時には、新潟県の『石打丸山』で、シーズン中は朝から夕方まで1人で練習をしていたようです。 小学校5年生の時にニュージーランドへ遠征、6年生でプロ資格を取得しています。

大塚健の出身中学校はどこ?

大塚健画像 【出典元:タウンニュース】 中学校は厚木市の『小鮎中学校』に通っていました。 中学2年生の時にオーストラリアで行われた18歳以下の世界一を決める大会に出場。 2000年以降生まれ組(グラム)で世界2位になりました。 中学3年生の時には、スノーボード&アウトドアブランドの『BURTON』とスポンサー契約も結んでいます。

大塚健の出身高校はどこ?驚きのクラスメイトとは?【画像】

大塚健画像 【出典元:大塚健Instagram】 出身高校は、神奈川県相模原市にある『光明学園相模原高校』です。 高校生の時はスノーボードをする為、海外遠征をすることも多く、勉学との両立も大変だったのではないかと思います。 しかし『普通の高校生に近い生活を送りたい』と、大塚健選手と一緒に入学したのが『戸塚優斗選手』でした。 2人は3年間クラスメイトとして、共に学校生活を送っています。 戸塚画像 【出典元:デイリー】 戸塚優斗選手は、2018年平昌オリンピックに出場しています。 平昌オリンピックの出場を逃した大塚健選手は、日本からエールを送るなど、奮闘する姿にお互い刺激をもらっていたようです。 『大人っぽいのが大塚選手』『少年っぽいのが戸塚選手』と高校時代担任だった先生が、当時の2人の様子を話していました。 高校卒業後、大塚健選手は大学には進学せず、『BURTON Kilroyチーム』のメンバーとして活躍しています。

まとめ

大塚健選手の出身中学や高校、クラスメイトなどを紹介しました。 戸塚優斗選手とクラスメイトで、高校生活を共に過ごしていたことに驚きました・・! 今や2人共オリンピックに出場するとても有名な選手になりました。 高校時代は勉強にスノーボードに大変だったと思いますが、それを乗り越えたからこそ、今の2人があるのだと感じました。 今後の活躍も楽しみですね!

【顔画像】平野歩夢が結婚間近!家族も公認の完璧すぎる彼女!?

韓国のメガネ先輩のかわいすぎる画像13選!素顔が衝撃的だった!

ワリエワが飲んでいたのは体型変化を抑える薬!?驚きの効果とは?

【モーグル】川村あんりのゴーグルや板のブランドは?デザインや機能性もいい!

目次
閉じる